1. HOME
  2. 店舗ニュース
  3. 【高崎店】激推しタイトル「ウマ娘」、キャラクター紹介!! その7
高崎店の店舗ニュース

 

高崎店激推しタイトル、ウマ娘っ!

 

しばらくキャラクター紹介をお休みしておりましたが、久々のご紹介となりますっ!!
アニメが終了しましたが、これからのゲームをはじめとする様々なメディアの盛り上がりや新展開を期待しましてっ!!

 

高崎店では今後もウマ娘を激推し!!激応援!!!激盛り上げていければと思っておりますっ!!!!
全国のトレーナーの皆様っ!!
今後ともらしんばん高崎店をよろしくお願い致します!!!

 

と言う訳でっ!!

 

まずは今まで、高崎店で紹介させていただきました、ウマ娘達をご紹介していきたいと思いまっす!!

 

ちなみに今回は第7回ですっ!!
過去の記事はこちらをご覧下さいませっ☆
第1回→lashinbang.com/news/333570/
第2回→lashinbang.com/news/335674/
第3回→lashinbang.com/news/337511/
第4回→lashinbang.com/news/340224/
第5回→lashinbang.com/news/343901/
第6回→lashinbang.com/news/346070/
 

それでは第7回!!
ゲートオープンですっ♪
今回は母性溢れる癒し系・占いにどっぷりハマるウマ娘・目指せ初勝利の3人ですよっ!!!

 

 

本日ご紹介の一人目!!

トレーナーさんが落ち込んでいるのなら、私の全部で慰めてあげたいです
おっとりのんびりあふれる母性。癒し系お姉さん
スーパークリーク!!!

 

慰めて下さいっ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

おっとりのんびりで少しドジな、母性を感じるお姉さんウマ娘!!
誰もが甘えてしまう、包容力たっぷりの性格ですが、そんな癒しパワーとは裏腹に、レースでは驚異のスタミナを発揮し、敵を圧倒します。
彼女のトレーナーになりたい!と手を挙げるトレーナーは山ほど…との噂も。

 

趣味は新米トレーナーを育て上げること。
彼女に育てられたトレーナーは数知れず…というところも人気の秘訣かもしれません。

 

実際の競馬界のスーパークリークも、天才に初めてのタイトルをもたらしたサラブレッドとして有名です。
そう、その後に地方や海外を含めて100回以上もGⅠを勝利することになる、そしてウマ娘のプロモーター就任も話題となった天才・武豊ジョッキーです。

 

配合からしてステイヤーとして期待されたのがアリアリとわかるタイプでしたが、逆にそこが敬遠され、セリではあまり好評価を得られませんでした。

 

ただ入厩してからの動きが頗る良く、次第に話題馬に。
ダービーは骨折の影響で出走できませんでしたが、秋の菊花賞に照準を合わせ調整します。
復帰戦の神戸新聞杯では3着で、ここで問題になったのが賞金額。
出走できるかギリギリの賞金額のため、トライアル(上位で入線すれば、優先出走権が得られるレース)の京都新聞杯に挑みますが、他馬に進路を阻まれ、また他のジョッキーが振った鞭が顔に当たるアクシデントも重なって6着敗退。
賞金額順で19位タイとなり、18頭しか出ることができない菊花賞への道は絶たれたと誰もが思いました。
しかし、武豊騎手は「クリークで出られないなら、菊花賞は諦める」と、例え除外になってしまったとしてもスーパークリークに乗ると決断します。
それを受けて、スーパークリークの配合を考案した陣営が、自身のクラブ馬の菊花賞出走を回避、他にも1頭回避する馬が出たため、菊花賞への出走が叶い、結果5馬身差の圧勝。

 

その後のインタビューで初めてのGⅠ勝利を飾った武豊騎手は「もうクリークは誰にも渡したくない」とコメントし、現在では数多くのGⅠ勝利を挙げている中でも、この菊花賞を想い出のレースとして挙げています。

 

菊花賞後には翌年の秋の天皇賞、その翌年の春の天皇賞とGⅠを通算3勝。
同時期に活躍したオグリキャップ・イナリワンと並んで「平成三強」と呼ばれました。

 

物事に動じず、泰然自若としており、常に落ち着いていたというスーパークリーク。
ウマ娘でもおっとりのんびり、その雰囲気から癒しオーラ全開の彼女!

 

そんな彼女の癒しパワーの中の闘志、スタミナ重視の中のスピードに期待しようではありませんかっ!!

 

 

 

 

続いて、二人目のご紹介!!!

 

アナタこそ、私の待ち人なんです!
嘘か真か、トレセン学園の迷物占い(?)娘
今日が大吉なのか、凶なのか、それで展開は全て変わるっ!!
マチカネフクキタル!!!!

 

占って下さいっ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

占いが大好きでちょっとドジなウマ娘。
いつも雑誌の「占いコーナー」を確認しては一喜一憂しています。
レースで勝つために必要なものは何よりも「運」だと思っていて、実際に大吉の日には驚異的な実力を発揮するという彼女。

 

イラストを見てもそれが分かりますよね(笑)
招き猫リュックにお守りに絵馬に縁起物に…(笑)
神様同士がケンカしないかどうか心配ですが…(笑)

 

お人好しな面があり、本人もちょっと困っているのが「断れない」「騙されやすい」。
いろんな勧誘やセールスには弱いことを自覚しています。

 

実際の競馬界でのマチカネフクキタルは、「夏の上がり馬」として有名ですね。
日本の競馬界で最高峰のレースグレード・GⅠが数多く行われるのは春と秋の季節です。
そんな中、夏の暑い時期に実力を付けたり、開花したり、覚醒したりして、秋のGⅠ戦線で大いに活躍するサラブレッドを「夏の上がり馬」と言いますが、マチカネフクキタルは正にその一頭。

 

ダービーは7着ですが、優勝馬からの着差は3馬身以内と内容は決して悪くなく、能力があるところを示していました。
その1ヵ月後に条件戦を快勝したところから、マチカネフクキタルの快進撃が始まります。
続く神戸新聞杯は圧巻。
ライバルの逃げるサイレンススズカを直線最後方にいたはずなのに、とんでもない勢いで追い込み、1馬身差し切って連勝。
次の京都新聞杯でも直線で抜け出し、メジロブライトの追撃を振り切って菊花賞トライアル連勝。
本番の菊花賞でも豪快な末脚は健在、抜群の切れ味を見せ、怒涛の4連勝でGⅠ制覇を果たしました。

 

そこからも活躍が期待されたのですが、裂蹄などの脚の故障に悩まされ、結局引退まで復活勝利を挙げることもできませんでした。

 

一番輝いたレース、菊花賞での名実況、「神戸、そして京都に次いで菊の舞台でも福が来た!」は非常に有名ですよね♪

 

ウマ娘では変な壺を騙されて買ってしまったり、レースには招き猫を背負って出走している姿が映ったりと、お茶目な一面が見られています!
でも、キラキラしたその眼で、「アナタこそ、私の待ち人なんです!」とか、「ずっと一緒にいるなら待ちかねた福来たる」とか言われたらキュンとしちゃいませんか??

 

彼女と一緒にウマ娘占い(?)ライフを楽しもうではありませんかっ!!!!

 

 

 

 

 

そして、本日最後のご紹介!!三人目はっ!!!

 

次はきーっと1番になっちゃうもん!
目指せ1着、元気いっぱい前向きガール
ハルウララ!!!!!

 

ウララーーーーー!!!!!!
勝って下さいっ!!!!!!!!(笑)

 

 

 

 

元気とやる気が取り柄の天真爛漫なウマ娘。
わがままで飽きっぽいところがあるため、レースではなかなか勝てませんが、負けても負けても持ち前の明るさで立ち直って、周囲と楽しく学園生活を満喫しています。

 

何かの手違いでトレセン学園には入学してしまったそうで(笑)
明らかな実力不足ながら、へこたれないメンタルは勲章モノ!
目指せ1着!
いつの日か頂点に立てると信じて、毎日頑張っているウマ娘です!!

 

実際の競馬界のハルウララ。
強いものが絶対の競馬の世界で、日本では初めて、「勝てない馬が大ブームを引き起こす」事例だったかもしれません。

 

3歳秋にデビューして、8歳夏までコンスタントにレースを重ねます。
生涯で出走したレースは113戦。
未勝利。
113レース走って、一度も勝ったことがない。

 

デビュー前から明らかに実力不足であり、地方でもレベルを考えて高知競馬の所属となります。
一生懸命走ってはいるのですが…勝てません。
でもそんな直向きに走る姿、何とか勝ってほしいというファンの願い、様々な想いが交錯し、そして空前絶後の大ブームを引き起こすのです。

 

高知競馬には応援する人が増え、ハルウララの馬券は「絶対当たらない」ということで交通安全のお守りになり、グッズなども販売され、経営危機に瀕していた高知競馬の救世主となりました。
天才ジョッキーが鞍上でも10着と勝つことはできず、負け続けることで大人気になっていったハルウララのブームを覚えている方も多いと思います。

 

実際には勝てなかったハルウララ。
でも、ウマ娘では必ずや、念願の…悲願の…大目標の…1勝を挙げてくれるはずっ!!!!
そしてその1勝を、トレーナーとなって共に分かち合おうではありませんかっ!!!

 

 

 

この3人以外にもこれから、まだまだご紹介していきますので、お楽しみにっ!!
やっぱりやっぱり、ウマ娘は最高だぜーーー!!

うーーーーーうまだっち!!

店舗情報

  • 高崎店 全日 10:00~20:00
    19:00買取受付終了
    027-320-8851 地図

高崎店の最新店舗ニュース

上に戻る